RealNoids - Quantum

「Quantum」は開発コード 「オリジン」から「ビーナス」までの成果をベースにした身長60 ー 80cm程度のホビー用途の人型ロボットです。人に癒しの時間を提供することを主な目的とし、本当に必要な機能を厳選して実装することと、耐久性と保守性をベスト マッチさせることで極限まで販売価格を抑え、誰でも購入して楽しむことができるロボットにします。

小型ロボットの問題点

下にある動画はフランスのアルデバランロボティクス社の「Nao(ナオ)」と富士ソフト社の「Palro(パルロ)」です。価格帯が異なるのでこの2機の性能を比較することはできませんが、共通点があります。それは一般コンシューマーとして「価格のゼロを1個消してくれたら購入できるのになぁ」と感じてしまう所です。介護施設での利用を想定しているようですが、職員の所得が低くなっている介護の現場にこれらを導入することは難しいように思えます。
RoboBio-Xはこの違和感を払拭するために何が必要で、何が必要でないかを見極め、そして新しいアイデアを持ってこの難題に立ち向かいます。