RealNoids - Family

RealNoids - Familyは「Origin」の子孫となる女性型のヒューマノイドで、プロジェクト「テラ」までの成果をベースにした最初の商品になります。体格は女性の世界平均レベルを想定しており、介護助手・介護補助としての身体介護以外の業務やコンビニエンスストア・スーパー等の店員が行う一般業務の遂行が可能になります。又、プロジェクト「マーズ」と「ジュピター」の成果を「Family」に取り込むことで機能をアップグレードできるようにします。

「Family」の目的

それは家族の一員としてその家族をアシストすることにあります。家族をアシストする方法はいろいろ考えられます。ヒューマノイドが家族の一員として一般企業で就労することは究極の解になります。しかし、これを実現するにはヒューマノイドの能力だけでなく、それを受け入れる社会の環境を整える必要があり(法整備等)、別次元の問題があります。ですから、先ず第一歩として次のような任務の遂行を実現します。

  • 一般家庭における家事のお手伝い
    • 片付けを伴う掃除
    • 洗濯(洗濯物干し、洗濯物取り入れ、畳んでタンスに収納を含む)
    • 配膳や食器の片付け(食洗器への収納と洗浄・乾燥後の食器棚への収納を含む)
    • お使い(食品・日用品などの調達)
    • 子供(小学生程度)の見守り
  • 一般家庭における介護が必要な人のお世話のお手伝い
    • 24時間の見守り
    • いつでも話し相手になる
    • 必要なものを持ってくる
    • 片付け
  • 商店や小規模企業おける雑用業務やイベントの要員としての業務の遂行(オーナの家族として遂行)

RoboBio-Xのメーカーとしての姿勢

「Family」のコンセプトはその名にあるように「家族の一員」です。それは単なる機械ではありません。一度家族になった一員を簡単に取り替えることもできません。そもそも、家族の一員として迎えるための費用が家計を圧迫するものであっては、家族になることすらできません。これらの事を踏まえ、「Family」の開発から保守サービス(部品の供給や修理等)までのモットーを次のように定めています。

  • 「Family」は、日本国民の、日本国民による、日本国民のためのヒューマノイドであり続ける。
    ヒューマノイドが大企業の経営者などの権力者だけのものになることは非常に危険なことです。「Family」は草莽崛起の結晶として日本国民の御方であり続けなければなりません。
  • 家族の一員になった「Family」ができる限り長く家族で居られるようにする。
    「もう、その部品は生産していません。」は許されません。製品だけでなく、そのメーカーも日本国民にとって親身な御方でなければなりません。